グラフィックタイトルのつくり方
How to create Graohics Titles version 1.10 1998/07/18

Takayuki Kawabe
あなたは 人目の訪問者です.


  
 グラフィックタイトルを作るには,Adobe PhotoShop, Micrografx PicturePublsier, CorelPhotoPaint などのレタッチソフトを使います.
 作例は,Micrografx PicturePubliser5.0J を用いて作りました.

のつくり方

1. 文字を黒で入力します.作例では36ポイントのサイズです.
 文字が独立のオブジェクトとして作成される場合には,一旦コピーした後,ベースに結合させます.
 以下の作業は,コピーて貼り付けた文字でおこなってください.5で再度利用します.

2. 文字より一回り大きい範囲を選択して,エンボス効果を右斜め下方向でかけます.
 背景色は明るいほうが良いでしょう.作例では90%にしています.

3. ガウスぼかしをかけます.作例の文字サイズでは,範囲を6に設定しました.


4. ヒストグラム(色調バランス)で,濃度分布の端から端に最大と最少を設定して,階調を拡大します.


5. 1で残しておいた文字をコピーします.オブジェクトとして残しておいた場合には,そのオブジェクトをコピーしてペーストし,重ねます.もし1の文字が背景上に張り込まれている場合には,再度同じ文字を4でできた文字に重ねて入力します.
 作例では,文字色を青にしました.

6. 背景に合わせて,再度,階調を拡大してみました.



のつくり方 Topへ

 基本的に,『彫り込み』と同様です.エンボスのかけ方が逆方向なだけです.


1. 文字を黒で入力します.作例では36ポイントのサイズです.
 文字が独立のオブジェクトとして作成される場合には,一旦コピーした後,ベースに結合させます.
 以下の作業は,コピーて貼り付けた文字でおこなってください.5で再度利用します.

2. 文字より一回り大きい範囲を選択して,エンボス効果を左斜め上方向でかけます.
 背景色は明るいほうが良いでしょう.作例では90%にしています.



3. ガウスぼかしをかけます.  作例の文字サイズでは,範囲を6に設定しました.
 作例の場合では,そのままガウスぼかしをかけると,黒が勝ってしまってまい,あまり彫り込みと変わらなくなってしまいました.
 そこで,まず,黒と背景色のみを選択してガウスぼかしをかけ.次に白と背景を選択して,ガウスぼかしをかけています.

4. ヒストグラム(色調バランス)で,濃度分布の端から端に最大と最少を設定して,階調を拡大します.




5. 1で残しておいた文字をコピーします.オブジェクトとして残しておいた場合には,そのオブジェクトをコピーしてペーストし,重ねます.もし1の文字が背景上に張り込まれている場合には,再度同じ文字を4でできた文字に重ねて入力します.  作例では,文字色を青にしました.

6. 背景に合わせて,再度,階調を拡大してみました.





7. 文字の色で選択し,マスクのぼかしをかけてコピーし,写真に貼り付けてみました.

のつくり方 Topへ

 これは簡単です.


1. 文字を黒で入力します.作例では36ポイントのサイズです.
 文字が独立のオブジェクトとして作成される場合には,一旦コピーした後,ベースに結合させます.
 以下の作業は,コピーて貼り付けた文字でおこなってください.5で再度利用します.

2. オブジェクトからマスクを作成します.

3. 作成したマスクを,マスクのぼかしでぼかします.作例では範囲は6に設定しました.

4. マスクの中を暗めのグレーで塗ります.



5. 1で残しておいた文字をコピーします.オブジェクトとして残しておいた場合には,そのオブジェクトをコピーしてペーストし,重ねます.もし1の文字が背景上に張り込まれている場合には,再度同じ文字を4でできた文字に重ねて入力します.




このページのタイトルは,
どうやって作ったの?
Topへ
 
1. 文字の背景を作ります.
 作例では,上下が同じ色で真ん中に変化するグラデーションをかけています.ここでは,上半分のグラデーションを作ってコピーし,下半分の部分に貼り付けた後,上下を反転して作りました.
   
2. 文字の部分を切り抜きます.
  文字を切り抜くには,まず文字を入力して,オブジェクトからマスクの作成をおこない,グラデーションをかけた背景を選択して,マスク内をクリアします.

 
 
3. 影をつくります.
 グラデーションを囲む範囲を選択し,マジックワンドで白い文字の部分だけ選択から除外します.
 ここで,6で貼りこむために,選択部分をコピーしておきます.
 

 
4. コピーした後,オブジェクトからマスクを作成し,マスクをぼかします.作例では範囲を6に設定しました.

5. マスク内を濃い目のグレーで塗り潰します.(この作例では,最初,背景色を『白』で表示することを考えて作っていたので,現在の背景色では,陰の部分がおかしくなっています.ページの背景色に合わせて,マスクの背景色を設定した後,塗り潰しのモードを”暗色混合”,”暗化”,”減算”等のモードで塗りつぶすと,自然な陰をつけることができます.


6. 3でコピーした文字部分を抜いたグラデーションを貼り付けます.適当な感じになるように位置を調整して完成です.




如何でしたでしょうか? Topへ

  • このページは,3年ほど前に,当時のソフトの能力で作ったものです.
  • したがって,現在発売されている最新のアプリケーションではコマンド一発で簡単にできるものもあるかもしれません.

  • しかし,ベーシックな方法も,仮に便利な機能の無いアプリに遭遇した場合でもやろうと思えばできる,ということで,あながち捨てたものではないと思います.
  • そんなわけで,今だにこういったページを公開しています...(^_^;
川辺孝幸(GBA03056@nifty.ne.jp)

Updated: 1998/08/14
Copy right (C) 1996-1998, Takayuki Kawabe
e-mail:GBA03056@nifty.ne.jp