第3図.a:調査地点周辺の地形.地形図は建設省山形工事事務所作成の1/2,500地形図を使用した.b:調査をおこなった砂堆の表面形態の概略と図版の撮影位置.実線はもっとも新しい堆積構造で,破線はそれにおおわれるもの.


山形盆地須川の砂州上面に発達するベッドフォーム
−植生によって流水の制御を受けた堆積構造の多様性−

川辺孝幸

地球科学,50(4):273-276. (1996)