平成8年度山形大学教育学部理科

地学研究室卒論目録


(注意)
・教育学部3号館2階川辺研究室(学生研究室)内に現存する卒業論文です。
・この表は、調査地が山形県外のものについてリスト化されています。
・細かい内容については、この場にては発表いたしかねます。
・内容補足は、緒言より読み取ったもので各論文の内容全てを正しく表現したものではありません。また、同上とは、調査地の範囲を示します。
・順不同にリスト化されています。

表の見方
著者名 著作年または著者の入学年度 卒業論文の題目
内容補足

高橋 一恵 1977 新潟平野に分布する新第三系の微生層序学的研究 ー特に西山累層について
同上の有孔虫化石による検討
橋本 夏樹 1975 男鹿半島に分布する新生界の有孔虫化石層序学的研究 ー特に北浦累層について
同上の有孔虫化石による検討
白井 貞一 1977 新潟平野に分布する新第三系の微生層序学的研究 ー特に七谷累層について
同上の有孔虫化石分析
松田 悟 1977 新潟平野に分布する新第三系の微生層序学的研究 ー特に寺泊累層について
同上の有孔虫化石分析
羽田 令 1975 男鹿半島に分布する新生界の有孔虫化石層序学的研究 ー特に鮪川累層について
同上の有孔虫化石分析
小野 国彦 1975 男鹿半島に分布する新生界の有孔虫化石層序学的研究 ー特に船川累層について
同上の有孔虫化石分析
草野 要一 1976 新潟平野に分布する新第三系の微生層序学的研究 ー特に椎谷累層について
同上の有孔虫化石分析
鈴木 八重子 1977 新潟平野に分布する新第三系の微生層序学的研究 ー特に灰爪累層について
同上の有孔虫化石分析
太田 光要 1976 男鹿半島に分布する新生界の有孔虫化石層序学的研究 ー北浦累層最上部及び脇本累層について
同上の有孔虫化石分析
小野 雅子・門馬 恵子 昭和51年入学 沢根累層の微生層序学的研究
佐渡島の有孔虫化石の分析
岡田 伸 昭和58年度卒業 旗立層の微古生物学的研究 ー有孔虫化石
宮城県仙台市西部の有孔虫化石の分析
児玉 勝巳 1975、76 男鹿半島に分布する新生界の有孔虫化石層序学的研究 ー特に西黒沢・女川累層について
同上の有孔虫化石分析
安藤 弘二・小関 高弘・鈴木 忠 1962 岩井崎石灰岩における紡錘虫について
宮城県気仙沼市南方の紡錘虫化石分析
大沼 朋子 昭和55年度入学 宮城県南西部に分布する新第三系の有孔虫化石について
同上の有孔虫化石分析
佐藤 牧子 ? 花粉分析から見た縄文晩期の古環境
青森県亀ヶ岡遺跡の花粉分析
井上美根 1972 東部BERUGIUM,OVERBROKEに分布する古第三紀LANDENIAN(HEERSIAN)の有孔虫化石群
ベルギーで採取したサンプルの有孔虫化石分析
斎藤 健 1966 北海道釧路地方に分布する白亜紀から第四紀までの礫岩の研究
同上内の層群の礫の分析


目次(地学)へ戻る